個人における誹謗中傷対策を検討しておく

インターネットが可能にした情報発信の多様化

インターネットサービスの充実により個人でも情報発信が手軽になった現代においては、誰でも自由に素早く情報を発信できる場合があるでしょう。ホームページやブログによるもの、ソーシャルネットワークサービスなどの利用によるもの、様々な情報発信方法があり情報は拡散されて素早く多くの方に伝わる可能性があり得ます。それは非常に便利な事かもしれませんが、それによるデメリットの一つとして誹謗中傷などが挙げられるかもしれません。

個人においても誹謗中傷対策が必要

匿名性が高い掲示板などのサービスやソーシャルネットワークサービスにおいては個人を執拗に誹謗中傷する事はそうはない場合もあり、誹謗中傷対策などを行う必要がないと言う方もいらっしゃるでしょう。しかし、気の知れた仲間や個人を公開したソーシャルネットワークサービスなども活用されており、誹謗中傷被害がないと確実に言えたものでもないです。情報発信により拡散して多くの方に知られるのに時間を要する事もなく、一度広まれば対処できない可能性もあり得ます。

様々な対策を日頃から行っておく

様々な懸念を考慮しつつ個人でも誹謗中傷対策は必要と言え、そのためには日頃から対策を検討しておく必要があるでしょう。例えば、ホームページやブログに関して運営しているのであればコメント欄の対策、掲示板などに書き込まれる可能性などを考慮して可能性のある掲示板の監視と削除依頼、個人特定が心配されるサービス利用における発言の注意、または秘匿性の高いアカウントなどを利用するなどの対策を行って、損害を防ぐようにすると良いです。

2ちゃんねるのレスは悪質なものでも中々対処してもらえないのが現状ですが諦める必要はありません。2ちゃんねる削除サービスを展開している企業に頼めば、個人で削除依頼するよりも迅速かつ高確率で削除出来ます。