風評被害対策についての説明

広がっている風評被害

ここ最近でインターネット網というのはとても広がっており、とても多くの情報が一瞬にして広がっていきます。ですから、正しい情報と誤った情報や事実と異なっている情報も一瞬にして流れていってしまうのです。この風評被害に関する相談の数というのは年々増加しており、これの多くは、名誉毀損などの犯罪として検挙されており、しっかりと風評被害対策をすることによって、これらの被害を未然に防ぐことが可能となっていくのです。

風評被害対策について

多くの風評被害に関する情報は、掲示板やブログ、最近ですとTwitter、フェイスブックなどのSNSへの書き込みです。これらの情報は広がってしまう可能性が高いので、できるだけ早いうちから対策をとっておく必要があります。また、これらの書き込みは自分自身や企業自体が発見するよりも、周囲の人間からの通報の方が良いです。多くのネットワークサービスには、通報機能が備わっているので、そこに通報することがとても大切になります。

具体的に何を通報すればよいのか

自分、または企業に対する風評被害の書き込みがあった場合、通報する必要があります。ですがその前に、そのページのURLをコピーアンドペーストしたりして保存しておいて下さい。文書として印刷しておく方が望ましいです。そうしたら、通報ページへ行き、自分がどのような立場の人間なのかを伝えます。(被害を受けている本人なのか、それとも第三者なのか)そうしたらどのような被害を受けているのか、できるだけ詳しく伝えると、サービス提供者も対策しやすくなります。

風評被害対策とは、具体的に、インターネット上に書かれた風評被害や誹謗中傷性のあるワードを非表示化できるサービスです。風評被害のある、サイトを検索結果から押し下げるようなサービスも有ります。