ネットワーク監視について知る

ネットワーク監視の役割

現代社会ではインターネットが盛んであり、24時間いつでも利用できます。企業などにおいても非常に重要な存在で、商品を顧客にアピールしたり商品を販売するために使用しているのです。そうなるとネットワーク事態が一時的にダウンしてしまうと非常に大きな損害が出てしまいます。ネットワークがダウンしないために必要なのがネットワーク監視です。ネットワーク監視をすると24時間いつでも監視できるので、常に安全な状態を保てます。

具体的な監視について

ネットワーク監視はダウンしていないか監視したり、ネットワーク速度が低下していないか監視するサービスです。通信トラフィックやサーバなどを見て障害が起きていないか管理者に報告をしてくれます。管理者は報告を受けてから適切な対処を行うため、迅速に対応できる素晴らしいシステムです。ウェブサーバがHTTPを送信してWebサーバの状態をじっと監視しており、常にトラブルが起きないか見ています。他にもネットワーク機器の監視も行うのです。

監視項目はどんなものがあるのか

ネットワーク監視を行う際はどのような監視項目があるのか知っておくといいでしょう。まずハードウェアの状態をしっかり見ており、CPUの使用率やメモリの使用率を確認して速度低下していないか確認しています。ネットワーク上で行っているサービスプロトコルを監視し、応答時間などが遅くなっていないか見るのです。ネットワーク上で以上が起きるとTRAPという通知が来ます。ネットワーク監視ではTRAP監視もしていて、その通知を管理者に送ってくれるのです。

今の企業は複数の拠点同士をネットワークで接続して、リアルタイムにデータ連携することが当たり前になっています。そのためネットワーク監視を行い、トラブルの即時検知が重要になります。