記事作成のライターという仕事

ネット時代の仕事・内職の多様性

インターネットの普及で、働き方の種類は一昔前と比べて劇的に多様化しました。少し前であれば「ネットで内職を」といった謳い文句は教材を買わせるためのサギでしかありませんでした。しかし現在では違います、クラウドソーシングというシステムの整備が進み、本当にネット上で仕事ができるようになったのです。作業の種類もさまざまです。レシート内容の打ち込みを始めとしたデータ入力のような簡単なものから、専門的な知識を必要とするものまであるのです。

内職に最適な記事作成の仕事

そうしたクラウドソーシング作業の中でも、もっとも「稼げる」と評判なのが「記事作成」と呼ばれる仕事です。指定されたキーワードを織り込みながら、クライアントの定めたルールに従って文章を作成するという仕事で、例えばこの文章自体も「記事作成」案件として執筆されています。一昔前は「雑文書き」といって見習いライターの担当する作業でしたが、現在では誰でも参入することができるようになりました。単純作業と比べ、単価がかなり高いのが特徴です。

記事作成のライターが増えている

案件によっても前後しますが、おおよそ10文字で2円というのが大体の相場となります。さらに色がつくことも多いため、文字から想像するよりもずっと効率のよい作業です。そのため、出現するやいなや記事作成はクラウドソーシングの主役となりました。クラウドソーシングが広がるにつれて、記事作成を内職として行うライターは増加する傾向にあります。ネット上の文章についても、記事作成によって書かれたものがどんどん増えてきているのです。

記事作成は隙間時間で行うことができて、手軽にお小遣いを手に入れることができます。言葉をまとめる練習にもなります。