防犯カメラとプライバシーの関係

防犯カメラの設置件数が増加しています

憲法では国民に対して、法の下に人権を与えていますが、人権にはさまざまなものが存在します。

そうした国民に与えられた人権の一つがプライバシー権で、他人が侵害してはならないものです。

しかし最近の日本では、防犯カメラの設置件数が、急激に増加するようになっています。

例えば一つの通りのなかに、複数台の防犯カメラが設置されていることも、珍しくありません。

これほど防犯カメラが増加したのは、犯罪者の逮捕に繋がる可能性の高さが、評価されているからです。

撮影する許可を得ていません

現代の社会は人同士の繋がりが希薄であるために、以前よりも犯罪が見えにくくなっています。

その点で防犯カメラが設置されていると、希薄になった人同士の繋がりを補えます。

いっぽうカメラで人を撮影するときには、その人に対して撮影の許可を得ることが原則です。

ところが防犯カメラの大半は、撮影する許可を得ることなく使用されています。

そのため防犯カメラは、プライバシー権の侵害に繋がる可能性を秘めているため、問題視されています。

画像を確認する方法と設置費用

そこで防犯カメラで撮影した画像は、非常時にのみ確認することが一般的です。

例えば防犯カメラが設置されている周辺で、犯罪が起こったときに、画像の確認を行います。

しかも個人レベルで確認するのではなくて、警察の捜査に協力するといった形式です。

このような形式であれば、個人レベルでないために、プライバシーの侵害を最低限にできます。

ただし防犯カメラを設置するには、それなりの費用が必要です。

そのため最近は、行政が防犯カメラの設置に補助金を給付することが増えています。

シュレッダーとは事務用の紙を切断破砕する機械に思われがちですが、対象物を切断破砕する機械の総称でシュレッダーと言われています