ネットで悪口を書かれた! ケース別 誹謗中傷対策法!

ケース1.自分が運営するブログで悪口を書かれた!

自分の趣味や好きなことをブログに載せて楽しく公開している人はたくさんいると思います。でも、そんな時に「そんなの面白くねぇよ」とか「つまんね~」というコメントをされたらとても傷つきますよね。結果から言うとそんなの全然気にすることありません!たとえ悪口だろうとわざわざコメントをするほどあなたのブログが気になっている証拠です。人間が一番つらいことは悪口やひどい事を言われることではなく「無視」されることです。それに悪口をいう人がいるほど同じくらいあなたを好きな人がいます!

ケース2.他者のサイトで悪口が書かれた時の対処法

例えばあなたが他の人が運営しているサイトや掲示板で悪口や気になるコメントを見つけたとします。その場合サイトや掲示板の運営管理者に削除依頼をすることができます。また管理人が不在の場合はプロバイダやホスティング・サービス運営元に削除依頼をする方法もあります。その時に注意してほしい事があります。その掲示板独自の削除に関するルールがあるので掲示板トップページにある利用規約をよく読んで削除依頼するようにしましょう。

悪質なコメントには警察や業者に相談する方法も

これまで紹介したケース1の精神論やケース2の削除依頼を出すだけでは怒りがおさまらないという人には最終手段の警察に相談する方法があります。まず掲示板で悪口を言った人の氏名かIPアドレスを入手する必要があります。警察に直接行き、「掲示板で誹謗中傷を書かれたので刑事告訴をしたいので刑事課まで行きたいです」と言い、警察に“捜査関係事項照会書”を出してもらうことで加害者の特定できる確立が上がります。そして犯人を特定することができれば民事訴訟で損害賠償を求めたり、刑事告訴をする事が出来ます。

誹謗中傷対策は素人がやってもうまくいきません。プロの業者がいますので彼らに頼んだ方がいいでしょう。安心感が違います。