楽しく作り上げる!ホームページデザインの考え方とは?

実社会で扱われている色を参考に

実社会では、効果を狙った内容やある理由を背景に、ある場所である一定の色が扱われている事もありますよ。例えば、病院であれば、興奮状態を引き起こさない様にピンク色や緑色が部分的に扱われている事もありますよね。ホームページのデザインでも同じく、実社会で扱われている色を取り入れる事によって、デザインから伝わる雰囲気を同じ様に作り出す事が出来るのです。アクションを起こさせるためのボタンなどの色は、暖色系の色の画像ボタンが効果的なデータもありますよ。

文字画像を少し斜めに傾けるテクニック

文章や画像のコンテツを平行にして並べると、それぞれのコンテツの特徴を作り出す事が出来にくくなりますよね。文章の中には、キャッチコピーなどの文字画像などがあります。その画像を少し斜めに傾けるだけで、平行に並んでいるコンテツとの差が生まれ視認性を高める事が出来ますよ。人物画像などは、四角い枠から飛び出す様な掲載の仕方をする事によって、枠に収まりきれないほどのインパクトを与える事も出来ますよ。ホームページのデザインは、コンテツとコンテツの差を意識しながら考える楽しさもありますよね。

大小を意識するデザイン力

画像の大きさを全て同じ大きさで掲載すると、同じ仲間として画像一つ一つの特徴を作り出す事が出来ませんよね。簡素な姿として、ホームページにおけるデザインの魅力が損ねてしまいかねません。小さな画像を取り入れれば、相対的に他の画像は大きく見える事もありますよね。もちろん、大きい姿からは、価値の高い姿を感じさせる事もありますよ。文章を付随させて画像を扱う場合は、文章の重要性を意識しながら画像の大きさを決める事もポイントです。カタログや旅行雑誌などは、大小を意識しているデザインがよく行われていますよ。その様な情報媒体を参考にしてみるのもお勧めです。

レスポンシブデザインの内容について知りたいことがあれば、魅力的な意匠のメリットやデメリットを比較することが大事です。